週5日~6日

キャバクラで働いている女の子の出勤日数というのは、女の子によってはバラバラになってきます。
毎日出勤している子もいれば、週に1日しか出勤しないという子もいます。
この出勤の頻度によって稼げるお金も生活スタイルも大きく変わってくるといわれています。
もちろん、その出勤日数の頻度によってメリットやデメリットも変わってくるのです。

まずは、週5日~6日出勤している女の子のメリットやデメリットというのはどういったものなのでしょうか。
やはり週5日~6日出勤しているという女の子は、ほぼ毎日お店にいるということになってきます。
ですので、週5日~6日出勤している女の子は、それ以下の出勤日数の女の子より時給は高く設定されます。
これが一番大きなメリットだと感じます。
ほぼ毎日出勤してくれるのですから、お店側からしてみればありがたいの一言になってきます。
こういった貢献度が高く評価されて時給に繋がっているのです。

他のメリットでいえば、他の女の子よりも出勤していますので、接客のスキルが他の女の子より上がるスピードが速いというのもメリットではないでしょうか。
これにプラス、指名も取りやすくなるということも挙げられてきます。
これらを踏まえて、結局のところ稼げる額が全然変わってくるということなのです。

逆にデメリットな部分でいえばどういったものがあるのでしょうか。
生活スタイルの昼夜が逆転するというものが一番に挙げられるデメリットだと感じます。
やはり夜働くということは、健康にはもちろんよくありませんし、女の子にとっても大事になってくる肌荒れや体型の変化などが大きく変わりやすくなってきます。


■TOPIC
希望する出勤日数などからキャバクラの求人情報を探せるサイトです →→→ キャバクラ 求人情報